頬がこけるのは改善できない?勘違いだらけの対策方法

頬が痩せてこけてきた。

顔に影ができて貧相、老けて見える…

たるんできてほうれい線、マリオネットラインが出てきたという悩みと正反対ですね。

でも…

骨格というベースを除けば、頬の「こけ」は「たるみ」と何ら変わりません。

こけとたるみの原因は同じ。このことを知らないと、全く無駄な美容器具に手を出し、お金も時間もムダにすることになります。

何をすればいいのか?これだけでもココで知っておけば見た目の若さはもっと維持できますよ。

肌のハリがある人は急に痩せてもこけない

よく、ダイエットしたら頬がこけたという人がいますが、若い時はこけないんです。でもある程度、だいたい30代以降にダイエットをすると頬がこける確率が一気に高くなります。

つまり、体が痩せたかどうかで頬のこけは決まらないということ。

では何が頬をこけさせるのかというと、肌の真皮層のハリ不足です。

顔の筋肉を鍛えても頬のこけは消えない

顔の筋肉は関係ないのか?

頬のこけは表情筋の衰えが原因とも言われます。しかし、顔の頬の筋肉が、その部分の皮膚組織を引っ張りあげているわけじゃありません。なので、表情筋トレーニングをしてもあまり効果はありません。

胸のバストアップには大胸筋を鍛えると効果があると言われますが、あれと顔の頬は別物。

あっちは、大胸筋を厚くすることで、その上に乗っかている胸(脂肪細胞)が底上げされるからです。あくまで、大胸筋を鍛えると筋肉が前に出るようになるため、胸の下側がグイッと前に突き出るようになり、バスト上部から乳首までのカーブが緩くなって胸のサイズが上がります。

それに対して、頬の裏にある筋肉は大胸筋のように大きく厚くありません。そして、誰でも頬骨から顎にかけてカーブを描いているため、頬の肉は筋肉に乗っかているのではなくてぶら下がっている状態です。

なので、表情筋を鍛えても凹んだ部分が張り出してくれることはありません。

美容外科も頬のこけには肌のハリ成分を補うケアをする

そもそも、顔の筋肉は大腿四頭筋など体の基幹となる筋肉のように年齢であまり衰えません。元々の量が少ないため、年齢による老化影響は少ないのです。

しかし、年齢や生活習慣などがモロに影響するのが真皮層のハリです。

真皮層というのは、今私達が手で触れられる肌よりもっと奥深くの部分。皮下組織の手前の部分です。

ここは、コラーゲン繊維が絡み合っていて、それを補強するようにエラスチンが絡み、その隙間にヒアルロン酸が充満しています。

年齢で肌のハリ感が失われたりシワができるのは、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸のどれか、もしくは複合で減少するから。

この中で、外科手術で簡単に増やせるのはヒアルロン酸だけ。ヒアルロン酸はコラーゲン繊維の隙間に詰まっているだけなので、注射で簡単に増やせます。

だから、頬のこけを治してちょうだい!と美容外科にかけこむと、普通はこのヒアルロン酸注射を行います。

このことから分かるように、美容外科でも筋肉をどうこうしようとはしません。結局、肌のハリ感によってこけを治しているのです。

肌のハリは線維芽細胞の活性具合で全て決まる

美容外科では、即効性と確実な効果が見られるヒアルロン酸注射以外に、コラーゲンやエラスチンの生成を促す処置もされます。

これらは即効性がない上に、人により効果の出方にかなり差があり、さらにヒアルロン酸注射より高価になりますが、真皮層の7割を占めるコラーゲンを増やすことで、ヒアルロン酸だけ増やすより土台がしっかりして頬のこけ解消を根本的に解決できる可能性があります。

主な治療方法は、コラーゲンやエラスチンを生み出す線維芽細胞という細胞を刺激、活動を促す方法で行います。

レーザーを当てたり、線維芽細胞増殖因子(FGF)という成分を注射で真皮層に注入したりします。

結局は、線維芽細胞というハリのお母さん細胞を元気にすればいいわけです。

マッサージしてもそれだけ肌にハリは生まれない

美容外科なんてお金がない…

失敗しない?注射したらしばらく化粧できないとか無理!

という場合は、美容外科で使われるような成分を配合した化粧品を試すしか方法はありません。

造顔マッサージのようなものは、顔がむくんでいるような人には意味がありますが、線維芽細胞をマッサージしてもコラーゲンが多く作られるわけじゃありませんので、頬のこけには関係がありません。

そもそも、マッサージして細胞が成長する体の組織なんてないのですから。

顔の表情をいろいろ変えて維持して鍛える方法も期待できません。

これは先述の通り、顔の筋肉と頬の皮膚との関係、元々頬の筋肉量は少ないため老化の影響を受けにくいからです。

化粧品は効果がない…?実はドクターズコスメでも同じ

しかし、化粧品でケアしてもほんとど効果がないのでは?

と思うはずです。

これはその通りで、あくまで化粧品であって薬じゃないから当然です。

ただ、これはドクターズコスメと呼ばれる、美容外科で処方されるようなものでも同じ話。

線維芽細胞増殖因子(FGF)や、アミノ酸の特殊な型であるオリゴペプチドなどは、線維芽細胞を活性化させてコラーゲンを増やすことが分かっています。コラーゲンが増えれば(繊維が太くなれば)、当然ハリ感が出るので頬のこけは消えます。

ただ、注射みたいにその部分に成分がいかなければ全く意味がありません。しかし化粧品の場合、薬じゃないのでそこまで浸透します!という表現は禁止されています。だから化粧品だと意味がないと考えるのは自然ですよね。

肌に塗るケアはリポソーム技術があるかないかで天と地の差になる

だったらドクターズコスメみたいな位置付けのものだったら有効かというと、そうでもなくて、大事なのは、どれだけ深く成分が浸透できるか?ということ。

肌にはバリア機能という水と油の交互層があり、ほとんどの成分はこの層に弾かれて意味がありません。

この点において優れた浸透技術を持っているのは、資生堂とコーセー。この2つの結構高級なラインの一部商品に、リポソーム技術というものが使われています。

ただ不安定な部分もあり、現在、日本を含むアジア全体で一番優れたリポソーム技術を持っているのはビーグレンです。

元々医療薬の浸透技術が研究ベースのため、化粧品というよりかなり薬に近いようなコンセプト。どうせ化粧品を試すなら、成分はもちろんのこと、リポソーム技術の有無がかなり重要なポイント。

というより、化粧品と言わず薬であっても、このリポソーム技術がないとその期待は10分の1以下より酷くなると言っていいでしょうね。

リポソーム技術採用のサイエンス化粧品例

美容外科成分を自宅で
b.glen たるみ・ほうれい線ケアプログラム

  • たるみ原因を狙い撃った中身
  • 医療用技術を応用したリポソーム技術で更新等
  • コラーゲン、エラスチン生成に直結する成分構成に着目
  • 朝持ち上げるハリ感ケアを提唱
  • 365日返品保証。だから意味がないわけはない

頬のこけを真皮のたるみと考えた場合、ケアするべきなのはコラーゲンやエラスチンなど。さらに、筋肉の衰えというより、同じ表情を続けたことによる萎縮もこけの原因となります。

b.glenは医療現場で用いられる浸透技術リポソームを洗顔などを除き全てに採用。必要とされる成分を必要な場所に届け、じっくりと放つことで化粧品と呼ぶにはもったいない仕組みを発揮。化粧品の立場ながら、セルフ美容外科のような高い期待感を肌に届けてくれます。

※次のディープラインとの違いは、たるみ美容液とレチノール美容液の違いだけです。

価格 7日間トライアル1,800円(税別) 送料無料

線維芽細胞の救世主を生で
b.glen ディープラインケアプログラム

  • 線維芽細胞の定番成分レチノールを2種類配合
  • 他社が怖がって配合を避けるピュアレチノールがこの価格で試せるのはビーグレンだけ
  • 医療機関処方のものより酸化に強く扱いやすい
  • 美容外科のドクターズコスメ御用達成分を手軽に自宅で
  • 深いシワにも使える高い期待感を凹んで痩せた頬にも

線維芽細胞を狙うなら絶対に外せないのがレチノール。アメリカで当たり前の成分ですが、非常に酸化に弱い上に壊れやすく、その時点でかなりの刺激物になる扱いにくい成分。通常は何かを添加して誘導体として使うのが一般的。しかしそうするとパワーは大幅に減少します。

国内ブランドでは資生堂が一部商品に使っているだけ。それくらい扱いが困難な反面、リポソーム技術があれば安定的に配合、使用可能になりまう。気をつけるべきは、塗った後は紫外線に当たらないこと。なので朝の使用は避けたほうがいいでしょう。

基本トライアルセット内容はたるみケアと同じですが両方ためしてみるのもあり。

価格 7日間トライアル1,800円(税別) 送料無料
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る